DUGAウェブサービス

童貞マッサージ師 初めての媚薬オイルマッサージ

童貞マッサージ師 初めての媚薬オイルマッサージ

童貞マッサージ師 初めての媚薬オイルマッサージ

遂にスピリチュアルオイルを試す時が来た。僕は震える声で「オイルマッサージしていきますね」と言い、タオルを思い切って太腿の半ばまで上げた。どれくらい経ったか…。彼女の顔を見ると、目はトロリとして焦点は合っていないような、口は半開きでヨダレが垂れていた。脚は徐々に開き、腰を浮かせて、無言でマンコを触れとアピール…。そして触れたが最後…。とにかくすごかった。童貞の僕が手に負えるレベルではない程の媚薬の効力!テクがなくても何度もアクメ!正直引いた。引いたが相手は引かなかった。「か、身体が熱い!アソコが疼く…」オイル施術の快感に我慢の限界超え!美女の疼くメス穴!反り勃つ肉棒!って感じになったんだ…っていう、そういう話です。(ステイゴールド)